biography

榊原 大

榊原 大 Dai Sakakibara

 

1967年 千葉県出身。

4歳よりピアノを始める。東京芸術大学器楽科ピアノ専攻卒業。
在学中に『G-CLEF』を結成し、1989年、アルバム『Pell-Mell』(SONY Record)でレコード・デビュー。
卓抜した音楽性・演奏力をベースにフュージョン・インストゥルメンタルのフィールドを開し、高い評価を得る。
90年、アルバム『五右衛門』(SONY Record)で日本レコード大賞アルバム企画賞を受賞。
7度に渡る全国ツアーや、インストゥルメンタル・バンドとして初のNHK「紅白歌合戦」出場を果たすなど、多彩な実績を残す。

94年のG-CLEF解散後も、その力強いピアノタッチとジャンル不問の卓越したセンスは、数々のアーティストのステージサポートやアレンジワークで発揮される。

2001年に初のソロ・アルバム「転/移-trans」を発表して後は、本人名義での活動に重きをおきはじめ、各地で精力的にライブを開催する。
02年にリリースされた2ndアルバム「TOMORROW」は韓国でも発売に。

03年は、ソロ活動と並行して行っていたTV・映画の音楽担当の仕事での評価が結実。
NHKの23時ドラマ「赤ちゃんをさがせ!」の音楽を筆頭に、福岡放送局制作の「うきは」、04年初頭に制作されたNHK「玄海」は、放送文化基金賞を受賞した。
また映画音楽でも、リー・チーガイ監督による「魔幻厨房(マジック・キッチン)」の音楽を担当するほか、「上海恋香」(野村泰夫監督作)では主題歌の作曲・プロデュースでも高評価を得る。

04年、3rdアルバム「As for You」を発表するとともに、ブルーノート・ツアーを行う。
そして、05年前期の連続テレビ小説「ファイト」(NHK)で、テーマ曲をはじめ、全編にわたり、作曲・ピアノを担当。オリジナル・サウンドトラック盤も発表した。
同年7月には自身のピアニズムと対峙した4thアルバム「Piano+」をリリース。
全国コンサート・ツアーも盛況に沸く。

06年10月からテレビ朝日『ワイド!スクランブル』のテーマに楽曲が起用され、その曲を収めた5枚目のオリジナルアルバム『風色-kazeiro-』を07年11月にリリース。
08年には宿願だったクラシックホールでのピアノソロコンサートを実施、以降恒例となる。

09年7月、若手ストリングスカルテット「セレブ弦楽四重奏団」との初ライブDVD
『榊原大 Winter Concert 2008 with Celeb String Quartet』を、
また11年4月には、洋楽の名曲をカバーした自身初の企画アルバム『夜カフェ〜ピアノ』(Della)を発表した。
「ANNニュース」テーマやNTV系ドラマ「ブルドクター」に楽曲提供するなど、映像音楽分野でも変わらぬ活躍をみせる。

12年3月、オリジナルアルバム『Seeds Of Life』をキングレコードから発表。
また、14年5月には初のクラシックカバー集『Dear Classix』を、
また15年7月には、ポップスカバー集『Dear Love Songs』をリリースしている。

 

Dai Sakakibara: Pianist, composer, and arranger

 

Born in 1967. Started playing the piano at the age of four.

Formed the band G-CLEF while attending Tokyo University of the Arts; opened up a field of instrumental fusion music based on his outstanding musical abilities and performance skills and produced a broad array of achievements, including seven tours across the country and a first-ever appearance by an instrumental band on Kohaku Utagassen, an annual year-end music show on NHK TV.

Sakakibara’s powerful style and superb sensitivities go beyond genre and continue to be demonstrated after the dissolution of his band, as seen in his stage support and arrangements for artists such as violinist Taro Hakase, the Gospellers, Mika Nakashima, Seiko Matsuda, and Kohei Otomo.

Sakakibara began full-fledged solo activities in 2001 and has released seven original albums to date. He has also worked on numerous soundtracks for movies and television dramas, including the score for NHK’s morning drama series “Fight” in 2005, the NTV drama “Bull Doctor” in 2011, and the theme music for “ANN News” on the TV Asahi network of broadcast affiliates.

In 2014 he released “Dear Classix”, an album of classical cover performances, and “Dear Love Songs”, an album of pop cover songs from King Records in July 2015.

Official website: www.sakakibaradai.com
Facebook page: www.facebook.com/dai.sakakibara